スマホキャッシングが人気

スマホからの申し込みで誰にも知られず見られず借りる

MENU

キャッシングのスマホアプリのメリット

インターネットと言えばかつてはパソコンの専売特許でしたが、今では違います。今ではパソコンのみならず、タブレットや携帯電話でもインターネットに接続することができます。その中でも、今主役の座に躍り出ているのがスマートフォン、略してスマホです。

もちろん、消費者金融のキャッシングでも、スマホはもはや欠かすことのできないアイテムと言っても過言ではありません。

大手消費者金融では、特にスマホに力を入れており、専用のアプリケーション、略してアプリの開発をしています。アプリの機能は消費者金融によって異なりますが、おおむねどこの会社でもあるのが、必要書類の送付機能です。

消費者金融に申込みをする際には、本人を確認する書類の送付をしなければなりません。これまではこれを郵送で行っていたため、時間がかかってしまっていました。しかしアプリを使えば、スマホだけで必要書類の送信をすることができるのです。

スマホアプリの場合には、スマホ画面の小さい画面でいかに操作をしやすくできるかがかぎとなります。ホームページをただそのまま落とし込んだだけでは、操作性に問題があります。その点スマホアプリであれば、操作しやすいようにカスタマイズされています。

誰にも知られないキャッシング

キャッシングやカードローンは誰にも知られずに迅速に融資してくれる点が魅力です。

在籍確認の電話が掛かり、申込み設定によっては郵送物も送付されますが、在籍確認の電話においては他人が電話に出た際には金融機関からだとは口外せず個人名を名乗り、郵送物の外見も堂々と金融機関名が書いてある、という事は無くなんらかの事務的な郵送物だろう、との印象を見る人に与えます。

金融機関に対して詳しい人物や電話の応対に長年慣れているような人物ですと、封筒を見たり電話を受けた際になんとなく勘付く事はできますが、確かめようが無いのでどうとでも誤魔化す事ができます。

フリーローンにおいては担保不要保証人不要の金融商品が多いので、昔のようにお金を借りたいから親に保証人になってもらわなくては、同僚に保証人になってもらいトラブルが起こったらどうしよう、誰にも借り入れを知られたくないのに保証人に知られてしまう、といった問題が無くなりました。

消費者金融でのキャッシングは迅速だが銀行よりは金利が高めに、銀行でのカードローン申込みは堅いが金利が低い、とそれぞれメリットデメリットがあります。いずれの金融機関においても良心的になっており秘密を守ってくれます。

キャッシングの金利について

キャッシングを利用する人にとってもキャッシング会社を選ぶもっとも大きな要素は金利が高いか安いかということでしょう。

金利以外にも良いサービスを提供するようなキャッシング会社もありますが、なるべく利息をたくさん払わずに短期間に返済を完了させるためには金利のこと考えてキャッシングするということは基本です。

大雑把に言えば、キャッシング会社は銀行系と消費者金融系とに分けられますが、金利面から言えば銀行系の方が消費者金融系のキャッシング会社より低くなっていることが普通です。ただしこれは一般論で在り、銀行系でも消費者金融系でも金利はそれぞれの会社でかなりばらつきがあることが普通です。

特に短期ではなく長期にわたってキャッシングの返済を計画しているような場合には金利の変動に注意しなければなりません。

固定金利型のキャッシングを利用している場合は社会情勢などの金利変動にも金利の変化はありませんが、変動金利型のキャッシングを利用して長期の返済の場合では想像もしなかった金利変動があるかもしれないということを頭に入れてキャッシングを利用する必要があります。

いうまでもなく長期の借り入れの場合の方が金利の変動と考えなければなりません。